お役立ち情報 たしかめてください、患者さんの「認知機能」

患者様とのコミュニケーションツール

コミュニケーションファイル

ご家族、介護者にアリセプトによる治療意義をご説明いただけます。
監修:
鳥取大学医学部 教授 浦上 克哉
香川大学医学部 教授 中村 祐

コミュニケーションファイル

アルツハイマー型認知症を診療されている先生方へ

アルツハイマー型認知症治療では、ご家族、介護者にアリセプトの治療意義について理解いただくことが大切です。そのためには、アリセプト服用開始時に留意点をきちんと理解いただくこと、また、ご家族、介護者が患者さんの日常生活での変化に気づいていただきアリセプトの効果を確認いただくことが重要です。
この『コミュニケーションファイル』は、アリセプトを用いた治療における上記のポイントをご家族へご紹介いただく際に活用できるツールです。アリセプトを処方する際に、また効果確認のときにぜひご活用ください。

目次
  1. 1.治療法は?

    1.治療法は?

  2. 2.服用のしかたは?

    2.服用のしかたは?

  3. 3.どんな薬ですか?

    3.どんな薬ですか?

  4. 4.お薬の効果発現は様々です

    4.お薬の効果発現は様々です

  5. 5.アリセプトを服用すると・・・

    5.アリセプトを服用すると・・・

  6. 6.アリセプトを服用すると・・・

    6.アリセプトを服用すると・・・

  7. 7.もし、お薬の服用をやめてしまったら・・・

    7.もし、お薬の服用をやめてしまったら・・・

  8. 8.日常の生活の中での変化を確認ください

    8.日常の生活の中での変化を確認ください

  9. 9.日常の生活の中での変化を確認ください

    9.日常の生活の中での変化を確認ください

  10. 10.日常の生活の中での変化を確認ください

    10.日常の生活の中での変化を確認ください

  11. 11.日常の生活の中での変化を確認ください

    11.日常の生活の中での変化を確認ください

  12. 12.「介護に要する時間を短縮できる」との報告があります

    12.「介護に要する時間を短縮できる」との報告があります

  13. 13.「今までできていることが長く続けられる」との報告があります

    13.「今までできていることが長く続けられる」との報告があります

  14. 14.治療をしていても、症状は進行してしまいます

    14.治療をしていても、症状は進行してしまいます

  15. 15.この様な症状がみられるようになりましたか?

    15.この様な症状がみられるようになりましたか?

  16. 16.この様な症状がみられるようになりましたか?

    16.この様な症状がみられるようになりましたか?

  17. 17.アリセプトの増量で介護がさらに大変になる時期を遅らせることができます

    17.アリセプトの増量で介護がさらに大変になる時期を遅らせることができます

  18. 18.病気の症状が進行したらアリセプトを増量できます

    18.病気の症状が進行したらアリセプトを増量できます

  19. 19.アリセプトの増量でこのような改善症状がみられることがあります

    19.アリセプトの増量でこのような改善症状がみられることがあります

  20. 20.アリセプトの増量でこのような改善症状がみられることがあります

    20.アリセプトの増量でこのような改善症状がみられることがあります

  21. 21.アリセプトの増量で、何かできる能力や判断力を少しでも残してあげることができます

    21.アリセプトの増量で、何かできる能力や判断力を少しでも残してあげることができます

  22. 22.アリセプトを増やしてから食事の量が減っていませんか?

    22.アリセプトを増やしてから食事の量が減っていませんか?

PPTの一括閲覧(6.6MB)

PDFの一括閲覧(4.0MB)

患者様とのコミュニケーションツールトップへ

ページトップへ

コミュニケーションファイルページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。