認知症いろいろ たしかめてください、患者さんの「認知機能」

認知症特集

アルツハイマー型認知症の診断・治療方法は勿論、BPSDや副作用への対応方法まで幅広く様々な先生方から情報提供いただいております。認知症診療にてお悩みになられていることがこの特集記事で解決ができるかもしれません。是非、ご覧下さい。

no.638

no.638 認知症の新たな潮流

【内容】
・認知症医療の新しい潮流
・認知症と共に生きる
・認知症の合図
・疾患概念Up Date
・薬物治療
・これからの展望

no.634

no.634 続 他科医に聞きたいちょっとしたこと

【内容】
・アリセプト増量時のコリン作動性に関連するとみられる症状の判断について
・生活に則した具体的な項目で認知機能を評価するスクリーニング方法について
・MCIを評価する簡易スクリーニング方法
・トピックス レビー小体型認知症

no.628

no.628 認知症医療とケア
「これまで」と「これから」そして「“今”必要なこと」

【内容】
・21世紀の超高齢化と今後の認知症治療・予防
・わが国における認知症有病率の変遷
・診断
・治療
・全人的医療を目指す
・認知症施策(オレンジプランが目指すもの)

no.618

no.618 アリセプト®のすべて

【内容】
・根拠evidenceと実臨床medicineと薬効
・私にとってアリセプト®とは
・アリセプト®の臨床的特徴を再考する
・アリセプト®の薬剤的特徴を再考する

no.608

no.608 認知症新時代への挑戦

【内容】
・認知症新時代への挑戦
・座談会:認知症を抱える本人の視点
・認知症のパラダイムシフト
・本人視点からアリセプト®を再考する
・これからの認知症で果たすべき役割

no.588

no.588 ここが聞きたい認知症

【内容】
・アルツハイマー病の発症は生活習慣で修飾される
 −若年時からの脳強化と脳保護の重要性−
・診断
・治療
・認知症医療連携
・認知症を取り巻く環境変化

no.583

no.583 ドネペジル誕生から10年 −認知症の今−

【内容】
・認知症医療とケア −「今すでに」と「これから」−
・座談会:アリセプトの使い方 −高度ADに対する10mgの処方−
・研究
・診断
・治療

no.577

no.577 認知症 この10年とこれから

【内容】
・認知症を取り巻く話題 この10年とこれから
・ドネペジルの使い方と留意すべき点
など

no.569

no.569 今日から役に立つ認知症診療

【内容】
・日常診療に潜む認知症
・認知症診療にどう取り組んでいるか
・塩酸ドネペジルによる認知症治療の実践
など

no563

no.563 認知症に関するかかりつけ医の疑問に答える

【内容】
・認知症の治療
・治療薬の評価
・認知症に対する介護 
・高度アルツハイマー型認知症(AD)についてどう考えるべきか
など

no.558

no.558 岐路に立つ認知症

【内容】
・座談会
・生活習慣と認知症
・疾患
・治療
・制度
・連携
など

no548

no.548 かかりつけ医のための認知症Q&A

【内容】
・認知症の告知に関して
・問題となる認知症患者への対応
・認知症の早期診断・鑑別診断
など

「認知症いろいろ」トップへ

ページトップへ

認知症特集ページをご覧の皆様へ

エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。
アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。